雑記「ぶえんぷろべーちょ。」

~ 「音楽」「旅」「本」「映画」を中心に、お腹に優しい雑記(備忘録)を綴ります ~

こ、こ、これは行きたい!!

な、な、なんと!

今夏 "Van Morrison plus The Waterboys & Hothouse Flowers" っていう夢のような野外イベントが!!

 

 

www.efestivals.co.uk

 

 

ヴァン・モリソンウォーターボーイズ、ホットハウス・フラワーズ … この3バンドが一同に会すなんて、、超絶的に観たーい!!

けど。8月31日かぁ、、無理だよなぁ。。

 

 

ホットハウス・フラワーズの新譜『レッツ・ドゥ・ディス・シング』を聴きながら、、独り言。。。

 

 

Hothouse Flowers『Let's Do This Thing』 

レッツ・ドゥ・ディス・シング

レッツ・ドゥ・ディス・シング

 

 

The ピーズ。武道館からちょうど一年。

6月9日。一年前のちょうど今日。

日本武道館The ピーズ、結成30周年ライヴ。

 

 

greenfuse.hatenablog.com

 

 

はるさん、一人ピーズの活動は以降もずっと続けていますが。

バンドでのライヴは一度もなし。

本日。いま時点で。告知も、いっさいなし。

  

 

はるさんが音楽活動を続けてくれている。

その事実だけで、ぼくは嬉しい。

嬉しいのだけれど、

 

 

やっぱりバンドでの。3人での。横にアビさんが。後ろに佐藤先輩が。

ベースを弾きながら歌うはるさんの姿が、観たいです。

 

 

なんて思っている人。

本日6月9日。

全国にいっぱいいるんだろうなー

 

 

f:id:greenfuse:20180609142700j:image

f:id:greenfuse:20180609142718j:image

f:id:greenfuse:20180609142824j:image
f:id:greenfuse:20180609142809j:image
f:id:greenfuse:20180609142813j:image
f:id:greenfuse:20180609142805j:image
f:id:greenfuse:20180609142818j:image

 

 

GW後半に友人家族と一緒に行った今年初キャンプ。

の写真を備忘録的に。

和果、イチゴ狩りの夢が叶いました!

 

日常に帰ろう。

昨日は、小沢健二のライヴを観に、日本武道館へ。 

 

  

f:id:greenfuse:20180503165006j:image

 

 

“フクロウの声が聞こえる” の圧倒的な世界観もさることながら。

本編後半の怒涛のメドレーは、武道館全体が異様な祝祭空間に。

 

 

「この感じ。この幸福感。どこかで体験したことがあるような …… そうだ、アーケイド・ファイアのときに感じた、それだ。。」

 

 

2014年のフジロック、グリーンステージで観た、アーケイド・ファイアのライヴ。

予備知識ゼロで観たそのライヴは、生涯のベストアクトと言っても過言じゃない、超絶感動の、圧巻&驚愕ステージだった。

 

 

そのときのライヴと重なり合った、今回の小沢健二

 

 

こんな時間や空間を創り出せる日本のミュージシャンは、小沢健二以外、きっと存在しない。そう思えるくらいの、素晴らしい2時間強でした。

 

 

f:id:greenfuse:20180503165034j:image

f:id:greenfuse:20180503165118j:image

f:id:greenfuse:20180503165308j:image

f:id:greenfuse:20180503165327j:image

 

 

さて、ゴールデンウイーク後半。

明日から1泊2日でキャンプへ。

天気、恵まれますように!

 

「終わらない仕事はない」

雑誌『HailMary』5月号。

元上司 = GTOさんにオヤジバンドを取材していただきました!

 

 

f:id:greenfuse:20180331121448j:image

 

 

「終わらない仕事はない」

その当時。編集者としては超大先輩のGTOさんから学んだ言葉 ーー

 

 

f:id:greenfuse:20180331121500j:image

 

 

(相も変わらず)ムチャクチャな進行スケジュールだったようですが、、

ーー まさに。ですね!

 

 

ありがたき、見開き4C。

本棚に、保存版がまた1冊、増えました。

GTOさん、お世話になりました&お疲れさまでした!!

 

 

amass.jp

 

 

「ROCK」繋がりで。

本日こんなニュースを発見。

 

 

NYの伝説的ライヴハウス "CBGB" 最終日にパティ・スミスが行なったライヴ。

これまで断片的にはYouTubeに上がっていたものの。

3時間のフル映像がアップ!

 

 

そのむかーし。

CBGBに行きたい!」が目的でNYに行ったなー

でも、その日はしょーもないパンクバンドが演ってたんだよなぁー

そんな淡い記憶を思い出しながら。

 

 

土曜日の午後、

映像を愉しみながら過ごしております。

 

 

最後に、

前回以降の備忘写真録を。 

 

 

f:id:greenfuse:20180331121513j:image

 

 

和果と映画『ボス・ベイビー』を観に行ったり、

 

 

f:id:greenfuse:20180331121735j:image

f:id:greenfuse:20180331121748j:image

f:id:greenfuse:20180331121758j:image

 

 

通っているアトリエで作品展示があったり、と。

 

 

… にしても。

和果、来週から3年生ですよ、3年生。

はやーっい!

 

Once In My Life

首をながーくして待っていた、ザ・ディセンバリスツのニューアルバム。

昨日届いて、休日の今日。

素晴らしい作品を聴きながら ーー すっかりご無沙汰の雑記です。

 

 


The Decemberists - Once In My Life (Audio)

 

 

これまでの、端々に見え隠れした、インディーズ感は何処へやら。

ベテランの風格というか、成熟というか、スタジアム感というか。

 

 

I'll Be Your Girl

I'll Be Your Girl

 

 

 

The Decemberists『I'll Be Your Girl』

ますます、絶対的に、いま一番観たいバンドのひとつであり、

本作は、紛れもなく、マスターピースです。

 

 


The Decemberists, "A Sucker's Prayer" (new song), Fox Theater, 8/17/17

 

 

音楽絡みでいうと、もうひとつ。

ニュージャージーのパンク(?)ロックバンド、タイタス・アンドロニカスを知ることができたのは、最近の大きな出来事です。

 

 

スーパーチャンクのレーベル「Merge」からのリリースってことで。

「マック・マコーンのお眼鏡に叶ったってことは、きっと何かあるのでは?」という発掘的な想いとともに。

最初に手にしたのは、2015年にリリースされたバンドにとって4枚目のアルバム。

Titus Andronicus『The Most Lamentable Tragedy』

 

 

THE MOST LAMENTABLE TRAGEDY

THE MOST LAMENTABLE TRAGEDY

 

 

 

なんだろう、このロックンロール・アルバムは。。

時代錯誤も甚だしい、終始ハイテンション&豪快な演奏に、暑苦しいまでのヴォーカル。

 

 

でも、聴き込むほどに、ジワジワと、気持ちが高ぶってくる興奮感。

嬉しさのあまり、思わず笑ってしまうような、不思議な高揚感。

 

 


+@ TITUS ANDRONICUS - "DIMED OUT" ( Official Lyric Video )

 

 

個人的に、

どこか、ブルーハーツヒロトを見ているようで。

初期のミッシェルと重なるところがあって。

 

 


+@ TITUS ANDRONICUS - "FATAL FLAW" (OFFICIAL VIDEO)

 

 

この2枚組の大作に、まんまと射貫かれました。

で、当然のように新作『A Productive Cough』を入手。

 

 

A PRODUCTIVE COUGH

A PRODUCTIVE COUGH

 

 

 

これが、見事に、前作と打って変わって。

決して「静寂」じゃないんだけど、前作が前作なだけに、そう思わずにはいられない。

ルーツ回帰のような、必要最小限の音が鳴る、無垢なロックンロール。

笑っちゃうくらいの、裏切られ方。

彼らの奥深さにヤられる、傑作です。

 

 


+@ TITUS ANDRONICUS - "ABOVE THE BODEGA (LOCAL BUSINESS)" [OFFICIAL VIDEO]

 

 

ストーンズを観ているようで。

ディランを聴いているようで。

 

 

とくに5曲目 "(I'm) Like A Rolling Stone" が、感動なまでに、素晴らしい。

数々のアーティストやバンドがこの曲をカバーし、その歌と演奏を聴いてきたけど。

パトリックのソウルフルな歌声と、タイタスのラフでタメの効いたな演奏は、ぼくにとって、幾多の中でのナンバーワンに君臨しました。

 

 

titusandronicus.bandcamp.com

 

 

前回の雑記から。

ほかにも、相も変わらず、アルバムが増えています。

 

 

Noel Gallagher's High Flying Birds『Who Built The Moon?』

Bright Eyes『Cassadaga』

Bright Eyes『The People's Key』

Joe Henry『Thrum』

American Football『American Football』

Jackie Greene『American Myth』

Good Vibrations『A Record Shop, A Label, A Film Soundtrack Belfast Punk Rock 1978 And Forever』

The Undertones『The Undertones』

Ty Segall『Ty Segall』

Lee Ranaldo『Electric Trim』

Sloan『Twice Removed』

The Felice Brothers『The Felice Brothers』

Superchunk『What A Time To Be Alive』

Grant-Lee Phillips『Widdershins』

Loose Fur『Born Again In The USA』

Hothouse Flowers『People』

Hothouse Flowers『Home』 

 

 

Who Built the Moon?

Who Built the Moon?

 
Cassadaga

Cassadaga

 
ザ・ピープルズ・キー

ザ・ピープルズ・キー

 
Thrum

Thrum

 
American Football

American Football

 
American Myth

American Myth

 
Good Vibrations a record shop * a label * a film soundtrack

Good Vibrations a record shop * a label * a film soundtrack

 
The Undertones

The Undertones

 
Ty Segall

Ty Segall

 
Electric Trim [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (TRCP216)

Electric Trim [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (TRCP216)

 
Twice Removed

Twice Removed

 
The Felice Brothers

The Felice Brothers

 
WHAT A TIME TO BE ALIVE [CD]

WHAT A TIME TO BE ALIVE [CD]

 
Widdershins

Widdershins

 
ボーン・アゲイン・イン・ザ・USA

ボーン・アゲイン・イン・ザ・USA

 
ピープル

ピープル

 
ホーム

ホーム

 

 

 

音楽以外で、記しておきたいコトといえば。

映画チャンネルやプライム・ビデオで雑多に映画を観ている中で、

 

 

韓国映画『息もできない』は、群を抜いて、圧巻の作品でした。

 

 

息もできない [DVD]

息もできない [DVD]

 

 

 

名作とか、感動とか。そういった類の感想ではなく。

たぶん。いや、きっと。

二度と観たくない ーー そう思えるくらい、切なくて、突き刺さる、まさに「息もできない」作品だった。

 

 

この気持ちは、『イントゥ・ザ・ワイルド』を観終わったときのそれと、近い。

これから先もずっと、この映画の余韻は、ぼくの心に残っていくのだと思う。

 

 

最後に、

備忘写真をペタペタと。

 

 

f:id:greenfuse:20180321105529j:image

f:id:greenfuse:20180321105543j:image

f:id:greenfuse:20180321105557j:image

f:id:greenfuse:20180321105610j:image

f:id:greenfuse:20180321105625j:image

f:id:greenfuse:20180321105641j:image

f:id:greenfuse:20180321105657j:image

f:id:greenfuse:20180321105709j:image

f:id:greenfuse:20180321105736j:image

f:id:greenfuse:20180321105748j:image

f:id:greenfuse:20180321105804j:image

f:id:greenfuse:20180321105816j:image

f:id:greenfuse:20180321105829j:image

f:id:greenfuse:20180321105856j:image

f:id:greenfuse:20180321105907j:image

f:id:greenfuse:20180321105922j:image

f:id:greenfuse:20180321105934j:image

 

 

2018年も3カ月が過ぎようとしている中での、

今年初雑記。

 

 

これからは、

つぶやくように。かるーい気持ちで。

綴っていこうかな、なんて。

何度目かの抱負、と。