読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記「ぶえんぷろべーちょ。」

~ 「音楽」「旅」「本」「映画」を中心に、お腹に優しい雑記(備忘録)を綴ります ~

ただいまリハビリ中。

「亀裂」とはいえ、そう簡単に「骨折」は治るものではなく。

元通りに、普通に歩けるようになるのは、3カ月近くかかるようで。

 

 

それでも、数週間前からは、ぎこちなくも歩けるようになり、クルマの運転もできるようになって。

そうなると、エライもので、「足首の骨折だけで済んでよかったな」なんて。ちょー前向きに思うようになり。

7月1日。怪我した当初は「惨め」で「情けない」気持ちでいっぱいだったのに。

40代も半ばになり、年齢がそう思わせるのか。ニンゲンは根本的にポジティブなのか。あるいは、すべてのコトが「過去の思い出」として蓄積されていくようにできているのか。

 

 

ギプス中は、和果に「いいな~〇〇くんのパパは骨折してなくて」と言われていたのを思い出して。少しでも時間を取り戻そうと。

先週あたりから。回復に合わせて。和果と「夏の思い出」を作り始めました、と。

 

 

f:id:greenfuse:20150815090935j:image

f:id:greenfuse:20150815091026j:image

f:id:greenfuse:20150815091042j:image

f:id:greenfuse:20150815091054j:image

 

 

ぎこちない歩きながら、

毎日の気持ちを上げてくれているのは、グルーヴァーズの6年ぶりのニューアルバム『Groovism』です。

 

 

Groovism

Groovism

 

 

 

「くすぶった欲望は所在なげに 翌日に持ち越される

留守がちな神はいったい何の権限で 俺たちを弄ぶ

 

目が覚めたら何か革命でも 起こっていてくれれば

淡い期待を胸にしまい 目を閉じる

 

甘い記憶をまた呼び出し 目を閉じる」

 

 

藤井一彦氏のソロアルバムにも収録されていた "UNDER THE FOGGY MOON"

直接的な歌ではないものの、東北の震災等を経て作られたと思われる、その詞とメロディー。

ぼくの中では "満月の夕" と同じ世界観をもつ、名曲です。

 

 

もちろん、

ゴキゲンなロックンロールも健在!

 

 


THE GROOVERS「PERFECT DAY」(アルバム『Groovism』2015.7 ...

 

 

にしても、

ブレスト音楽の小林さんは、やっぱり偉大だなぁ …

と思わずにはいられません。

 

 

だって、

THE GROOVERS = 藤井一彦

HEATWAVE山口洋

SOUL FLOWER UNION中川敬

ですよ?

加えて、b-flower も!!

 

 


Lux Lisbon - Bullingdon Club [OFFICIAL VIDEO ...

 

 

そうそう、

Lux Lisbon っていう、ロンドン拠点のバンド。

昨日ツイッターでいきなりフォローされたので YouTube でチェックしてみたら。

これがツボだったのでした~

映像もシャレが効いててセンス抜群。

 

 


Lux Lisbon - Keep Me Wild [OFFICIAL VIDEO] - YouTube

 

 

どういう経緯でフォローしてきたか不明ですが。

とっても嬉しい出来事&発見でした~