読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記「ぶえんぷろべーちょ。」

~ 「音楽」「旅」「本」「映画」を中心に、お腹に優しい雑記(備忘録)を綴ります ~

WHAT'S GOOD

ベーシストのロブ・ワッサーマンが亡くなった。

 

 

『NEW YORK』や『MAGIC AND ROSS』…

ルー・リードのサウンドを支えたひとりでした。。

 

 

What's Good ?

Life's good ーー

But not fair at all

 

 

R.I.P.

 

 


Lou Reed - What's Good [May 1992]

 

 

父の日に和果から手作りクッキーをもらったり、

 

 

f:id:greenfuse:20160624113959j:image

 

 

とーっても久しぶりに、

雑誌作りを思い出しながらのブツ撮影をしたり。

 

 

f:id:greenfuse:20160624114011j:image

 

 

週末を利用して、

千葉へ1泊2日でキャンプにも行きました。

 

 

f:id:greenfuse:20160624114025j:image

 

 

初めてちくわも同行!

 

 

f:id:greenfuse:20160624114038j:image

f:id:greenfuse:20160624114051j:image

f:id:greenfuse:20160624114655j:image

f:id:greenfuse:20160624114132j:image

f:id:greenfuse:20160624114141j:image

f:id:greenfuse:20160618153352j:plain

f:id:greenfuse:20160618153733j:plain

f:id:greenfuse:20160624114156j:image

f:id:greenfuse:20160624114204j:image

f:id:greenfuse:20160624114342j:image

f:id:greenfuse:20160624114217j:image

f:id:greenfuse:20160624114226j:image

f:id:greenfuse:20160624114301j:image

 

 

そんな日々を過ごしていました、と。

 

 

特筆すべきコトといえば。

急遽、奥さんの代わりに行った、小沢健二のライヴ。

 

 

f:id:greenfuse:20160629194350j:image

 

 

心の底から、純粋に、素晴らしいと思えるライヴだった。

とくに新曲たちが本当に良かった。

 

 

なんて言うんだろう、

詞世界のブッ飛び度がますます増して、それが珠玉のメロディとバンドサウンドに乗ることで、ウン百倍になって、ドバーッと降りかかってくる ーー 感じ??

 

 

小沢健二

「好き/嫌い」という物差しでは計れない、計っちゃいけない、稀有なアーティストです。

 

 

忘れちゃいけない、もうひとつ。

素晴らしさの要因は、間違いなく、ドラムの白根佳尚氏!

感動しまくりました、氏のドラミング!!

 

 

何を勘違いしたのか、

「ドラム=白根」という情報が先行して、ずーっと「グレイト○の白根」と思っていました。。

ステージに出てきたときから、「あれ、こんな顔だったっけ?」から始まり、演奏が始まるやいなや、「えっえっ、こんな巧かったっけ??」「こんなカッコ良かったっけ?!」と、最後までずーーっとアタマの中が「???」。

終演後、速攻で検索したら、「白根」違いでした。。。

 

 

以後、ぼくの中で「白根」という名字のドラマーは、「白根佳尚」です。

 

 f:id:greenfuse:20160702190729j:image

 

 

にしても、ですよ。

昨年の今日を思い返すと、ねえ?

 

 

前日の7月1日に骨折して。その影響から翌日は高熱が出て松葉杖で病院へ。

帰宅後は自宅で仕事しながら、

「あ~ぁ」とか「なんてコトだ!」とか「後厄去ったのに…」とかとか。

ひたすら後悔と惨めな気持ちだったな~と。

 

 

こうしてね、

1年後は、笑いながら、「Life's good ーー But not fair at all」と思えるって。

 

 

平穏無事に生きたいと願って毎日を過ごしていても。

何をどう頑張っても「なるようにしかならない」ことがあるわけで。

 

 

はい。人間はオモシロイですね!