読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記「ぶえんぷろべーちょ。」

~ 「音楽」「旅」「本」「映画」を中心に、お腹に優しい雑記(備忘録)を綴ります ~

Beautiful Thing

ストーン・ローゼズ

新曲第二弾、来ましたね~

 

 


The Stone Roses - Beautiful Thing

 

 

ローゼズらしさ全開!

でもって「あ~レニだよぉ~~!!」と、

レニのドラミングにニヤニヤが止まりません。

 

 

さあ! そろそろ?! いよいよ!! なんじゃないの~?!?!

と思わせておきながら、同時にこんなニュースも。

 

 

ro69.jp

 

… うーん、、

どうなのでしょうか。。

 

 

そんな、

ヤキモキな、

週末の土曜日 ーー

 

 

前回の雑記以降、備忘録としてのトピックスをいくつか。

 

 

まずは、

同じマンションや近所に住む友人家族らと「ACO CHILL」という音楽フェスへ。

 

 

f:id:greenfuse:20160529122026j:image

f:id:greenfuse:20160529121332j:image

f:id:greenfuse:20160529121359j:image

f:id:greenfuse:20160529121417j:image

f:id:greenfuse:20160529121443j:image

f:id:greenfuse:20160529121455j:image

f:id:greenfuse:20160529121520j:image

f:id:greenfuse:20160529121540j:image

 

 

このアコチル、

出演者のラインナップには個人的にまーったく惹かれず。

 

 

子供たちが遊べる施設があったり、「ユルいフェス」ってことで。

「少し遠い公園に行く」くらいの気持ちで参加したのだけど。

 

 

最後に出たCharさん、

いやー観入っちゃいました。純粋にカッコ良いライヴでした。

 

 

鍵盤がDr.kyOn、パーカッションが古田たかしさん。

さすがCharさん、凄腕のミュージシャン集めますねー

 

 

パーカッショニストとしてのシータカさんを初めて観たんだけど、メリハリの効いた "叩き" と貫禄のグルーヴ感で終始圧倒&釘付け。

音楽面では何も期待していなかったフェスだったんで、最後に得した気分を味わえました、と。

 

 

f:id:greenfuse:20160529122049j:image

 

 

和果、小学校で初めての運動会。

3位、頑張った!

体操、カンペキ。良くできた!!

 

 

f:id:greenfuse:20160521090639j:plain

f:id:greenfuse:20160521101447j:plain

f:id:greenfuse:20160521111310j:plain

 

 

こんな週末を挟み、

 

 

f:id:greenfuse:20160529121613j:image

 

 

ストーン・ローゼズのドキュメンタリー映画、

ようやく観ることもできました。

 

 

f:id:greenfuse:20160529121623j:image

 

 

先週末は、

1泊2日で京都出張、と。

 

 f:id:greenfuse:20160611164354j:image

f:id:greenfuse:20160611164419j:image

 

 

で、相も変わらず。

アマゾンの恩恵を受けつつ、

雑多にアルバムも買っています。

 

 

ブルーズ・ピルズ

ブルーズ・ピルズ

 
Holy Smokes

Holy Smokes

 
Honky Tonk

Honky Tonk

 
Chaos & the Calm

Chaos & the Calm

 
He's My Brother She's My Sister EP

He's My Brother She's My Sister EP

 
Crane Wife

Crane Wife

 

 

 

ここ数年いろいろ聴いてきた中で「出会えて良かった!」と心底思えるのは、

He's My Brother She's My Sister と Decemberists だな~と再認識した2枚。

 

 

アイ・ヘイト・ミュージック

アイ・ヘイト・ミュージック

 
ノー・ポッキー・フォー・キティ

ノー・ポッキー・フォー・キティ

 
Be Still Please

Be Still Please

 

 

 

加えて、

いまさら感でなんとも恥ずかしい(?)限りですが。

スーパーチャンクとマック・マッコーハンのポータスタティックにハマっております。

とくに後者のマック・マッコーハンのソロをリピートしまくる日々。

 

 

マシュー・スウィートから変態性とオタク度を差し引きつつ、オルタナティブ感をバランス良く維持&調和した楽曲の数々。

にもかかわらず、どれもシングルカットできるようなポップなメロディばかり。

 

 

スーパーチャンクの存在は90年代初頭からもちろん知っていたものの。

なんで避けてきたんだろう? ○○っぽいパンクバンドでしょ?? なんて間違った認識が最初にあったのかも。。

 

 

ともかく。

二十数年遅れましたが。

知ることができて良かった。出会えて良かった。

 

 

時代性を抜きにしても普遍的に楽しめる。

だから「音楽」ってオモシロイな。と思う次第です。