読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記「ぶえんぷろべーちょ。」

~ 「音楽」「旅」「本」「映画」を中心に、お腹に優しい雑記(備忘録)を綴ります ~

軽井沢から12回目のフジロックへ。

すでに8月ですが、7月後半の雑記でも。

 

 

義理の母を連れて軽井沢へ2泊3日の旅行。

散策して、美味しいものを食べ、温泉に入って、買い物して。

 

 

猛暑の都内とは違って、さすが避暑地。

日陰に入ると、清々しい風が吹いて、とっても気持ち良い。

 

 

軽井沢は初めてという義理の母。

ばーばが大好きな和果。和果が大好きなばーば。

こういう親孝行は “できるときにする”。

それに限ります。

 

  

f:id:greenfuse:20140721152216j:plain

f:id:greenfuse:20140721170952j:plain

f:id:greenfuse:20140721173244j:plain

f:id:greenfuse:20140721191953j:plain

f:id:greenfuse:20140722110325j:plain

f:id:greenfuse:20140722123650j:plain

f:id:greenfuse:20140722151854j:plain

f:id:greenfuse:20140723102646j:plain

f:id:greenfuse:20140723110031j:plain

f:id:greenfuse:20140723114308j:plain

 

 

そして翌週末は、

12回目のフジロックへ。

 

 

前回は2年前。

どうしてもストーン・ローゼズが観たくて1日だけの日帰り参加。

 

 

今回は、

The Waterboys が観たい一心で、ふたたび1日だけの日帰り参加。

ひとり、関越を往く!

 

 

f:id:greenfuse:20140726061515j:plain

f:id:greenfuse:20140726093033j:plain

 

 

ザ・ウォーターボーイズ ーー

結成31年目にしてバンドとしては初めての来日。

しかも、

舞台はフジロックのグリーンステージ、天気はこれでもかってくらいの晴天&暑さ。

 

 

f:id:greenfuse:20140726133627j:plain

 

 

結論から言うと。

もうねぇぇぇ、最っっっ高ぉーーー!!!

 

 

一曲目、

マイク・スコットはピアノの前に座って、いきなりの「ザ・ホール・オブ・ザ・ムーン」。

 

 

うぉーーーーー!!!

 

 

まさかの一曲目。

感極まって、泣きました。やっぱり、涙が出ました。

 

 

マイクの圧倒的な佇まい、声、風格。

そして、フィドルのスティーヴ・ウィッカムをはじめとする、激シブなバンドメンバーたちが創り出す、鉄壁なグルーヴ。

 

 

これだよ。これこそが普遍的なロックンロールのサウンドだよ!!!

 

 

50分という至福の時間は、あっという間に終わりを迎え、、

最後は「フィッシャーマンズ・ブルース」!!!!!

 

 

ふたたび、涙が溢れ出ました。。

 

 

あーあ、短い!

もっと観たい! 観たいよぉー!!

 

 

という、たぶんステージ前にいる人たちみんなの気持ちが伝わったのか、去り際にマイクは「また2015年に会おう」と言った。言ったのだ!!!

 

 

その言葉の前に「I wish(hope)」があったのか「I will」があったのか … ぼくのヒアリングが間違ってなければ、マイクははっきりと言わなかった。

「また2015年に」と、ただ言っただけだった。

でも、そのニュアンスは、間違いなく「I will」だったように思う。

 

 

そうですよね、マイク!!!!!

 

 

f:id:greenfuse:20140726145204j:plain

 

 

ザ・ウォーターボーイズを観ることができただけで、ぼくの12回目のフジロックは大団円を迎えることができたわけで。

 

 

いちおうメモ程度に、

ほかに観たバンドを挙げておくと。

 

 

THE HEAVY

The Three O'clock

ウルフルズ

TRAVIS

Preservation Hall Jazz Band

THE LUMINEERS

DAMON ALBARN 

 

 

f:id:greenfuse:20140726104911j:plain

f:id:greenfuse:20140726104918j:plain

f:id:greenfuse:20140726123506j:plain

f:id:greenfuse:20140726175751j:plain

f:id:greenfuse:20140726184005j:plain

 

 

今年のフジロック

忘れてならないのが、

そう、アーケイド・ファイアの存在です。

 

 

いやー

音源はもちろん、YouTubeすら1曲も観ずに、まったくの予備知識ゼロの状態で観たのだけれど。

 

 

なんて言うんだろう、

ロックンロール祝祭劇場 … ?

 

 

いろんなモノやコトが凝縮されたサウンドに、怖いくらいの幸福感が包み込まれた、ただただ圧巻の驚愕ステージでした。

 

 

素晴らしかったとか、

カッコ良いステージだったとか、

ちゃんと音源を聴き直したいとか、

そういう感想では全くなくて。

 

 

まさに「ライヴ」という名の『体験』ーー

こんなライヴを観たの、生まれて初めての体験だった。

 

 

f:id:greenfuse:20140726230244j:plain

 

 

現地では、同じくひとりで3日間参加していた “フジロック友人” と合流したり。

その友人が泊まっていた宿で仮眠させていただき、苗場を発ったのは、翌日曜日の午前5時頃。

休み休み関越を南下し、帰宅したのは、午前9時過ぎでした。

 

 

ウォーターボーイズに加えて、アーケイド・ファイアを観ることができた、今年のフジロック

予想とか想像をはるかに超えることが起こりうる祭典ってことで。

あー、来年も行きたいなーと。

とりあえず、誰が出るかってことを、いまから楽しみに待っています。

AC/DCとか?! アルバム出るみたいだしねえ。グリーンで観たい!!)

 

 

f:id:greenfuse:20140727130522j:plain

 

 

さて!

いろいろ悩みましたが。

○度目の気分一新をすることに。

 

 

その前に、

明日はオヤジバンドのライヴです。

叩くぞ~!!