読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記「ぶえんぷろべーちょ。」

~ 「音楽」「旅」「本」「映画」を中心に、お腹に優しい雑記(備忘録)を綴ります ~

「本厄」を理由に、流されたい。

その昔、ヒートウェイヴ山口洋さんに言われた言葉。

 

 

ソウル・フラワー・ユニオンのサポートギタリストを務めていた頃のこと。

山口さんは、ソウル・フラワーが創り出す音楽を、このように例えたーー

 

 

「難しいことを人に伝えるときって、小難しく伝えることほど簡単なやり方はなくて、簡単に人に伝えることのほうがよっぽど難しい。ヤツらはそういうことを演ろうとしているんじゃないかな」

 

 


HEATWAVE "満月の夕" - YouTube

 

 

41年間の経験をもとに、正しいと思うことを、日々誠実にいくら行動を起こしたところで、他人の考えや判断に覆されることがある。

その「正しい」とは、たしかに自分にとっての基準。

でも、それでも、納得いかないことは、あるわけで。

 「社会に生きる」ということは、「人と人との繋がり」に左右される。

それが「会社」という組織であれば、なおさら。

 

 

ヒートウェイヴ山口洋さんが奏でる、“満月の夕”。

2005年ーー

実際にこのライヴ会場に居て、

この曲を歌う山口さんの姿を初めて観て。

 

 

以来、

行き(生き)詰まることがあると、

この映像を片手に、

山口さんの言葉を思い出しながら、

 

 

駅からの帰り道、いつもより、ゆっくりと、歩きます。