読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記「ぶえんぷろべーちょ。」

~ 「音楽」「旅」「本」「映画」を中心に、お腹に優しい雑記(備忘録)を綴ります ~

2016 夏の思い出。其の一。

「山の日」の前日、

仕事をさっさと終えて。

 

 

映画『シング・ストリート』を観ました。

 

 

f:id:greenfuse:20160811115030j:image

 

 

ジョン・カーニーの最新作。

once ダブリンの街角で』が素晴らしく良かったので。

今回も期待して観に行ったところ、

 

 

greenfuse.hatenablog.com

 

はい、期待以上の作品でした!!

 

 

once ダブリンの街角で』は、じわじわと、温かい気持ちが、ずーっと余韻として残っていく、そんな映画だったけれど。

『シング・ストリート』は、まさに青春映画、ど真ん中。

純粋で、清々しくて、観終わったあとは、スカーッと晴れやかな気持ちに。

 

 

と同時に、懐かしい感覚 ーー そう、大学1年のときに観た、同じアイルランドの映画『コミットメンツ』を彷彿とさせるものでした。

 

 

当時組んでいたバンドメンバー4人と一緒に観て、「こういうソウルバンドやりたいね~」となって。

それから鍵盤、ホーン3人、女性コーラス3人を集めて、まさにコミットメンツと同じ編成でソウルバンドを結成。

 

 

関わっていた自分で言うのもナンですが。

その年の文化祭に出たりして、相当盛り上がったよなぁ … とか、

渋さ知らズ」で吹いていた人が参加してくれたこともあって、一時の寄せ集めバンドとは思えない完成度だったよなぁ … なんて。

 

 

淡くて、ちょっぴり恥ずかしくもある、

『シング・ストリート』は、いろんなことを思い出させてくれた映画でした。

 

 

f:id:greenfuse:20160806113856j:image

 

 

前回の雑記以降。

予定ではフジロックに行っていたはずなんだけど。

目当ての日曜日がチケット完売。間際まで買わなかった自分が原因。甘かった。トホホ。オークションは4万円以上。なので諦めました。。

 

 

とはいえ休みを取っていたので。

友人家族を誘って「キャンプに行こう!」となったものの、あいにくの天気予報。

「じゃあ、、室内でも遊べるところ??」で決めたのが、福島県いわき市の『スパリゾートハワイアンズ』でした。

 

 

f:id:greenfuse:20160806113935j:image

f:id:greenfuse:20160806113946j:image

f:id:greenfuse:20160806114011j:image

f:id:greenfuse:20160806114029j:image

f:id:greenfuse:20160806114042j:image

f:id:greenfuse:20160806114056j:image

 

 

2泊3日の日程だったこともあり。

ハワイアンズ以外にも、周辺をいろいろ散策。

 

 

海の幸をいただいたり、

 

 

f:id:greenfuse:20160806114111j:image

f:id:greenfuse:20160806114121j:image

f:id:greenfuse:20160806114133j:image

f:id:greenfuse:20160806114142j:image

 

 

サンドイッチが有名な喫茶店『ジュネス』にも行きました。

 

 

f:id:greenfuse:20160806114218j:image

 

 

もうひとつ、いわき市へ行った理由、

それは<白土>を探すこと。

 

 

いわきは<白土=ぼく>のルーツ。

曾祖父までは、いわきが住処だった。

 

 

1カ月ほど前。

仕事で知り合った人と名刺交換した際 ーー 

 

相手「白土さんって、福島のいわき出身ですか?」

ぼく「えっ、よくわかりますね?」

相手「私、いわきの生まれで、白土さんという方、まわりに多かったもので」

ぼく「そうなんですねー」

相手「ちなみに、白土さんの “土” って “点” が付きませんか?」

ぼく「えーっ?! 付きます付きます、戸籍上は付くんですよ。すごい、よくわかりましたね!」

相手「いわきに『白土屋菓子店』という有名なシュークリーム屋があるんですけど、そこの看板の “土” には “点” が付いてるんで」

ぼく「へえーっ、そうなんですか!」

 

ーー という会話が繰り広げられたことに端を発して。

 

いわきに行きたい!

ほんとに白土が多いのか知りたい!

『白土屋菓子店』に行きたい!

と思うようになって、

 

さっそく行動を起こしたのでした。

 

 

f:id:greenfuse:20160806115530j:image

f:id:greenfuse:20160806114253j:image

f:id:greenfuse:20160806114305j:image

f:id:greenfuse:20160806115012j:image

f:id:greenfuse:20160806114330j:image

f:id:greenfuse:20160806114340j:image

 

 

いや~、ありました。ありましたよ、あちこちに。

で、『白土屋菓子店』も。

 

 

f:id:greenfuse:20160806114410j:image

f:id:greenfuse:20160806114423j:image

f:id:greenfuse:20160806114438j:image

 

 

夕方にお邪魔したのだけど、地元の方々でそれはそれは賑わっていました。

人気店であることが、たしかにうなずけました。

 

 

混んでいるので迷惑と思いつつも、どーしても話かけたくて。訊きたくて。

おそるおそるレジにいた方に「神奈川から来た白土と申しまして … 」と言ったところ、「あら、わざわざねえ。せっかくなんでお呼びしましょうか?」と、中で忙しく仕事をしていた店主の奥さん(=白土さん)が出てきてくれて、話をすることに。

 

 

ぼくが一番知りたかったのは、“土” の “点” が付く位置。

右上なのか、真ん中なのか。

点が付くのはたしかなんだけど、どちらが本当なのか、じつはわかっていない。

戸籍上も、付くことは付くんだけど、はっきりしない。

 

 

白土屋菓子店の看板を見ると、点は右上。

奥さんにそのことを伝えると、「看板は右上なんですけど、本当は真ん中なんですよ」との答え。

えっ?! はっ!? 店の看板、、ですよね??

こだわっているのか、こだわっていないのか。

どうやら「点が付く」ことにこだわってはいるものの、どこに付くかはこだわっていない様子。なるほど。

さらに驚いたのは、読み方が「しらど」だったこと。ぼくは、というかウチの家系は「しらと」。でも、点が付くのは、たしかなこと。

よく聞くと、いわきでも “土” に点が付く家系と付かない家系があるとのこと。

で、奥さんいわく、付くのは珍しいそうで、「“と” が濁る・濁らないはあるけど、点が付くということは、きっと祖先はご一緒かもしれませんね」というマトメで直撃取材は終了。

 

 

別れ際、なぜかシュークリームではなく、お赤飯をいただいてしまいました。

うーん、、謎は深まるばかり、、といったところでしょうか。

 

 

f:id:greenfuse:20160806114453j:image

 

 

その後の日々は …

月1回のオヤジバンドの練習があったり、

 

 

f:id:greenfuse:20160806114655j:image

 

 

地元でお祭りがあったり、と。

 

 

f:id:greenfuse:20160806114713j:image

 

 

以上。

次回「其の二」に続く … かな?

 

WHAT'S GOOD

ベーシストのロブ・ワッサーマンが亡くなった。

 

 

『NEW YORK』や『MAGIC AND ROSS』…

ルー・リードのサウンドを支えたひとりでした。。

 

 

What's Good ?

Life's good ーー

But not fair at all

 

 

R.I.P.

 

 


Lou Reed - What's Good [May 1992]

 

 

父の日に和果から手作りクッキーをもらったり、

 

 

f:id:greenfuse:20160624113959j:image

 

 

とーっても久しぶりに、

雑誌作りを思い出しながらのブツ撮影をしたり。

 

 

f:id:greenfuse:20160624114011j:image

 

 

週末を利用して、

千葉へ1泊2日でキャンプにも行きました。

 

 

f:id:greenfuse:20160624114025j:image

 

 

初めてちくわも同行!

 

 

f:id:greenfuse:20160624114038j:image

f:id:greenfuse:20160624114051j:image

f:id:greenfuse:20160624114655j:image

f:id:greenfuse:20160624114132j:image

f:id:greenfuse:20160624114141j:image

f:id:greenfuse:20160618153352j:plain

f:id:greenfuse:20160618153733j:plain

f:id:greenfuse:20160624114156j:image

f:id:greenfuse:20160624114204j:image

f:id:greenfuse:20160624114342j:image

f:id:greenfuse:20160624114217j:image

f:id:greenfuse:20160624114226j:image

f:id:greenfuse:20160624114301j:image

 

 

そんな日々を過ごしていました、と。

 

 

特筆すべきコトといえば。

急遽、奥さんの代わりに行った、小沢健二のライヴ。

 

 

f:id:greenfuse:20160629194350j:image

 

 

心の底から、純粋に、素晴らしいと思えるライヴだった。

とくに新曲たちが本当に良かった。

 

 

なんて言うんだろう、

詞世界のブッ飛び度がますます増して、それが珠玉のメロディとバンドサウンドに乗ることで、ウン百倍になって、ドバーッと降りかかってくる ーー 感じ??

 

 

小沢健二

「好き/嫌い」という物差しでは計れない、計っちゃいけない、稀有なアーティストです。

 

 

忘れちゃいけない、もうひとつ。

素晴らしさの要因は、間違いなく、ドラムの白根佳尚氏!

感動しまくりました、氏のドラミング!!

 

 

何を勘違いしたのか、

「ドラム=白根」という情報が先行して、ずーっと「グレイト○の白根」と思っていました。。

ステージに出てきたときから、「あれ、こんな顔だったっけ?」から始まり、演奏が始まるやいなや、「えっえっ、こんな巧かったっけ??」「こんなカッコ良かったっけ?!」と、最後までずーーっとアタマの中が「???」。

終演後、速攻で検索したら、「白根」違いでした。。。

 

 

以後、ぼくの中で「白根」という名字のドラマーは、「白根佳尚」です。

 

 f:id:greenfuse:20160702190729j:image

 

 

にしても、ですよ。

昨年の今日を思い返すと、ねえ?

 

 

前日の7月1日に骨折して。その影響から翌日は高熱が出て松葉杖で病院へ。

帰宅後は自宅で仕事しながら、

「あ~ぁ」とか「なんてコトだ!」とか「後厄去ったのに…」とかとか。

ひたすら後悔と惨めな気持ちだったな~と。

 

 

こうしてね、

1年後は、笑いながら、「Life's good ーー But not fair at all」と思えるって。

 

 

平穏無事に生きたいと願って毎日を過ごしていても。

何をどう頑張っても「なるようにしかならない」ことがあるわけで。

 

 

はい。人間はオモシロイですね!

 

Beautiful Thing

ストーン・ローゼズ

新曲第二弾、来ましたね~

 

 


The Stone Roses - Beautiful Thing

 

 

ローゼズらしさ全開!

でもって「あ~レニだよぉ~~!!」と、

レニのドラミングにニヤニヤが止まりません。

 

 

さあ! そろそろ?! いよいよ!! なんじゃないの~?!?!

と思わせておきながら、同時にこんなニュースも。

 

 

ro69.jp

 

… うーん、、

どうなのでしょうか。。

 

 

そんな、

ヤキモキな、

週末の土曜日 ーー

 

 

前回の雑記以降、備忘録としてのトピックスをいくつか。

 

 

まずは、

同じマンションや近所に住む友人家族らと「ACO CHILL」という音楽フェスへ。

 

 

f:id:greenfuse:20160529122026j:image

f:id:greenfuse:20160529121332j:image

f:id:greenfuse:20160529121359j:image

f:id:greenfuse:20160529121417j:image

f:id:greenfuse:20160529121443j:image

f:id:greenfuse:20160529121455j:image

f:id:greenfuse:20160529121520j:image

f:id:greenfuse:20160529121540j:image

 

 

このアコチル、

出演者のラインナップには個人的にまーったく惹かれず。

 

 

子供たちが遊べる施設があったり、「ユルいフェス」ってことで。

「少し遠い公園に行く」くらいの気持ちで参加したのだけど。

 

 

最後に出たCharさん、

いやー観入っちゃいました。純粋にカッコ良いライヴでした。

 

 

鍵盤がDr.kyOn、パーカッションが古田たかしさん。

さすがCharさん、凄腕のミュージシャン集めますねー

 

 

パーカッショニストとしてのシータカさんを初めて観たんだけど、メリハリの効いた "叩き" と貫禄のグルーヴ感で終始圧倒&釘付け。

音楽面では何も期待していなかったフェスだったんで、最後に得した気分を味わえました、と。

 

 

f:id:greenfuse:20160529122049j:image

 

 

和果、小学校で初めての運動会。

3位、頑張った!

体操、カンペキ。良くできた!!

 

 

f:id:greenfuse:20160521090639j:plain

f:id:greenfuse:20160521101447j:plain

f:id:greenfuse:20160521111310j:plain

 

 

こんな週末を挟み、

 

 

f:id:greenfuse:20160529121613j:image

 

 

ストーン・ローゼズのドキュメンタリー映画、

ようやく観ることもできました。

 

 

f:id:greenfuse:20160529121623j:image

 

 

先週末は、

1泊2日で京都出張、と。

 

 f:id:greenfuse:20160611164354j:image

f:id:greenfuse:20160611164419j:image

 

 

で、相も変わらず。

アマゾンの恩恵を受けつつ、

雑多にアルバムも買っています。

 

 

ブルーズ・ピルズ

ブルーズ・ピルズ

 
Holy Smokes

Holy Smokes

 
Honky Tonk

Honky Tonk

 
Chaos & the Calm

Chaos & the Calm

 
He's My Brother She's My Sister EP

He's My Brother She's My Sister EP

 
Crane Wife

Crane Wife

 

 

 

ここ数年いろいろ聴いてきた中で「出会えて良かった!」と心底思えるのは、

He's My Brother She's My Sister と Decemberists だな~と再認識した2枚。

 

 

アイ・ヘイト・ミュージック

アイ・ヘイト・ミュージック

 
ノー・ポッキー・フォー・キティ

ノー・ポッキー・フォー・キティ

 
Be Still Please

Be Still Please

 

 

 

加えて、

いまさら感でなんとも恥ずかしい(?)限りですが。

スーパーチャンクとマック・マッコーハンのポータスタティックにハマっております。

とくに後者のマック・マッコーハンのソロをリピートしまくる日々。

 

 

マシュー・スウィートから変態性とオタク度を差し引きつつ、オルタナティブ感をバランス良く維持&調和した楽曲の数々。

にもかかわらず、どれもシングルカットできるようなポップなメロディばかり。

 

 

スーパーチャンクの存在は90年代初頭からもちろん知っていたものの。

なんで避けてきたんだろう? ○○っぽいパンクバンドでしょ?? なんて間違った認識が最初にあったのかも。。

 

 

ともかく。

二十数年遅れましたが。

知ることができて良かった。出会えて良かった。

 

 

時代性を抜きにしても普遍的に楽しめる。

だから「音楽」ってオモシロイな。と思う次第です。

 

22年ぶり!All For One !!

昨年末の発表からチョー楽しみにしていたストーン・ローゼズの来日公演がキャンセルになって。

首をながーーーくして待っていたのにぃぃぃ、、、

と悲しんでいた矢先。

 

 

22年ぶりですよ!

Third Coming、ホントに来ましたよ、キちゃいましたね、ついに~~!!!

 

 


The Stone Roses - All For One (Official Audio)

 

 

all for one, 

one for all.

if we join hands,

we'll make a wall.

 

 

「ぼくたち全員が手を繋げば、壁を作ることができる」

って …… 泣。

 

 

んで、この写真!

 

 

 

 

泣けるぅぅぅ!!!!

 

GW最終日に傑作&名盤が!

… その前に、まずは備忘録から。

 

 

黒澤楽器店の担当者から「エリックさん、観に来ます?」とお誘いを受けて。

初めてのエリック・クラプトン

70歳過ぎてて、メチャクチャに上手いギターは、さすがレジェンドでした。

 

 
f:id:greenfuse:20160505181958j:image
f:id:greenfuse:20160505182013j:image
 
 
京都へ現地での事前打ち合わせを兼ねた日帰り出張。
本番は6月です。
 
 
f:id:greenfuse:20160505182030j:image
 
 
そして、GWに。
 
 

f:id:greenfuse:20160429121419j:plain

 

 

同じマンションに住む友人家族と、

千葉の「成田ゆめ牧場」へ1泊2日のキャンプ。

 

 

f:id:greenfuse:20160429121502j:plain

f:id:greenfuse:20160429123426j:plain

f:id:greenfuse:20160429131755j:plain

f:id:greenfuse:20160429154546j:plain

f:id:greenfuse:20160429155629j:plain

f:id:greenfuse:20160429163804j:plain

f:id:greenfuse:20160429164542j:plain

f:id:greenfuse:20160505182113j:image
f:id:greenfuse:20160505185319j:image

f:id:greenfuse:20160429194709j:plain

f:id:greenfuse:20160430075346j:plain

f:id:greenfuse:20160430114250j:plain

 

 

和果とふたり、

映画に行ったり。

 

 

f:id:greenfuse:20160505182138j:image
 
 
友人家族が泊まりに来て、
お祝いしてもらったり。
 
 
f:id:greenfuse:20160505182316j:image
 
 
荻窪で屋上バーベキューもしました。
 
 
f:id:greenfuse:20160505182149j:image
 
 
GW最後は、
ちくわの散歩、と。
 
 
f:id:greenfuse:20160505182159j:image
 
 
GW中は、 
録り溜めていた映画も時間の許す限り観まくりました。
 
 
バンク・ジョブ デラックス版 [DVD]

バンク・ジョブ デラックス版 [DVD]

 
ペーパーボーイ 真夏の引力 [DVD]

ペーパーボーイ 真夏の引力 [DVD]

 
ミッドナイト・ガイズ [DVD]

ミッドナイト・ガイズ [DVD]

 
マラヴィータ [DVD]

マラヴィータ [DVD]

 
ルート・アイリッシュ [DVD]

ルート・アイリッシュ [DVD]

 

 

 

バンク・ジョブ」と「ルート・アイリッシュ」の2作品が、

なかなかの面白さでした。

 

 

… で、GW最終日の本日。

 

 

数日前から再燃中のアンクル・テュペロ『ANODYNE』。

ファーストアルバム『NO DEPRESSION』を持っていなかったのでアマゾンで買ってさっき届いたんだけど。

 

 

No Depression-Legacy Edition (2cd)

No Depression-Legacy Edition (2cd)

 

 

 

熱い!

んで激し~ぃ!! 

 

 


Uncle Tupelo - Graveyard Shift

 

 

なんなのよ、この1曲目のカッコよさ!!!

 

 

その後のウィルコとサン・ヴォルトの展開を知ると、

そりゃあ「若さゆえの」なんだろうけど。

 

 

でもね。

いま聴いても、まったくもって色褪せてないし、

むしろ、こういった楽曲のほうに、ぼくは胸が熱くなって、持って行かれちゃうのです!